POISON DAYDREAM

「…………はぁ」

 ため息を吐く。
 最近はこの行為もスムーズに出来る。

 毒を貯めて、毒で動く、毒の意思を持った毒人形。
 ……の、なりかけ妖怪が今の私。

 もっともっとうまく扱うことができないと、人形の人権を守れない。
 人形開放って、一口に言ってもそんな簡単なことじゃないことくらい私にだって
わかるんだから。

「……あれ?」

 視界が歪む。
 あーあ、まただ……無理に動こうとするとすぐに気を失いそうになってしまう。

 どうせならいい夢でも見せてくれればいいのに。



そんな訳でメディスンオンリー
いや、メディスンメイン

人形であったり妖怪であったり、もしくはただの人形かもしれない彼女
そんな彼女が夢を見るとしたらどんな夢を見るのだろう
それはひょっとしたら、意識と無意識と毒が複雑に混ざり合って、とても淫卑な物
になるのかも知れません

とか後付を考えたけどメディスンが可愛すぎるのでエロいの作りてぇと思ったらも
う作り始めていた
何を言ってるのかわからないと思いますが私も何が起こったのか分かりません






今回キャストに椎那天様(ちぇりーずぱふぇ)
アレンジにひこすけ様(ミーハーナルオト)
他音楽に三滝航様(白夜の語り部)
背景に干支神一夜様(chaos-edgeworks)
動画を黒睦有様
と、多数の方にご協力頂きました
この場を借りて感謝申し上げます




ちっちゃい方も全身で(中略)液を全身に(中略)かけられてどろどろ(以下略)
描いた人:ラシャ(Pixiv)(blog
七色の人形遣い
みんなしってるね

今回のアリスに(´●ω●)さんの協力を得ております
塗りをお手伝い頂いてましてありがたい事です
我らの言語では発音する事かなわず…

描いた人:ラシャ(Pixiv)(blog
塗った人:(´●ω●)










エロシーンこの下しばらく
CGは開発中のものです
もちろん変更になる可能性はあります
短編なので出し惜しみしながらちまちまと



パッケージ画像
見かけましたらよろしくです




























「何か……もうこぼれてるし……仕方ないなぁ」

 唇を寄せる。舌先が触れる。
 そして一気に口の中に導いた。

 臭気と舌を押し返す弾力が不思議と心地良い。
 優しく舌を動かすと何とも言えない不気味な味が感覚を痺れさせた。


「んふ……じゅる……はむ……」

 啄むような優しいキス。
 かと思えば尿道に軽く吸い付いては先走りを啜る。

[「あふ、ん、む……じゅるる……あは、またビクッとしたね……」

「うん……気持ちいいんだよね? 分かるよ」

「だって……こんなに跳ねてるんだもんね……」
 先端からトロトロと溢れる汁を舐めとり、喉の奥に流しこむ。
 以前の夢では体験したことのない、自分のモノとは思えない不思議な味が体の奥まで蝕むようだ。

 ああ、でもどうしよう。
 これが私の願望なのかしら。

 体にこんなにも密着させて、温もりが欲しかったとでも言うのかしら。

「あぅ……ん……え? うん、そうよ……ずっと一緒にいようね」

 何らかの意思の疎通が行われたのだろう。
 体の方の……私の口から、迷いの無い本心が飛び出した。

 私の意識に関係なく、この体はほんのりと頬を染めて、嬉しそうに目を細めた。
 そうして膨れ上がった歪な性器に体を擦りつけるの。

「ん、ふ、あぅぅ……気持ちよくて……」

「その……すぐ、出ちゃいそう……」

 見上げると、ふるふると震える私の体と、何かを我慢しているような表情。

 ああ、私ってこんな顔をするんだ……
 今まで自分でも知らなかった表情に、何か……気持ちが揺り動かされる。

トップへ戻る